Allos ergon(アロス エルゴン)Vol.1 No.3 AIの入門から応用、将来の展望-医療の現場に進出するAIに対処するために

新刊

日常診療に浸透した臨床統計と深層学習の関係をわかりやく解説し、AIに対する正しい理解と将来展望について紹介

ご注文

3,080円
(本体2,800円+税)

著者 大田 健
鎌谷直之
田中順治
後藤信一
佐野元昭
冨田桂公
高橋 慧
高橋雅道
浜本隆二
岩藤和広
國吉保孝
猪俣武範
福永 淳
松根彰志
安藤智暁
佐藤伸一
渡井健太郎
河崎裕一郎
藤田教寛
谷口正実
小林大樹
ジャンル 医学  > 臨床医学内科系  > アレルギー
シリーズ Allos ergon
出版年月日 2021/12/30
書店発売日 2021/12/10
ISBN 9784910396187
判型・ページ数 B5・132ページ
定価 3,080円(本体2,800円+税)
在庫 在庫あり
内容紹介
目次
アレルギー領域へのAIの応用は、大きく2つの役割を担うものと思われる。ひとつめは、機械の力を使うことで、初学者がエキスパートの診断にできる限り近づくというもの。もうひとつは、エキスパートがビッグデータ解析に代表されるような統計に基づき、人間による解析では導き出せない・人間の把握するデータ量では及ばない領域(疾患構造の提示想起、人間には思いつかない解などのようなもの)を与えるというものである。
 本特集では、医師が親しんでいる臨床統計と深層学習の関係をわかりやすく解説した導入部分から、人工知能が遺伝子や脳のシステムとどうのような類似点・相違点があるかを、進行中の大規模研究・プロジェクトの紹介によって解説し、さらには「まだ研究がなされていないものの、このテーマに機械学習・深層学習の技術を適応したらきっと面白い⁉」と思われるようなニッチなテーマの可能性など、一臨床医の立場から、アレルギー診療に導入した試みについてご紹介した。医療におけるAIの未来を少し垣間見る機会となれば幸いである。
AI の入門から応用,将来の展望-医療の現場に進出するAI に対処するために

1.医療従事者に必要な深層学習の知識 鎌谷 直之
2.AI 開発ハードウェアとソフトウェアとアルゴリズム 田中 順治
3.医師のためのAI 入門 後藤 信一ほか 295
4.人工知能 呼吸器領域:喘息診断への応用 冨田 桂公
5.機械学習を用いたがんのビッグデータ解析 高橋  慧ほか
6.腎臓移植領域における機械学習の活用 岩藤 和広
7.Multi-omics analysis の有用性と脳腫瘍領域への応用 高橋  慧ほか
8.鶏卵に対する経口食物負荷試験の結果を,
   機械学習モデルを用いて予測することができるか? 國吉保孝
医療従事者に薦めるAIガイド
AI 開発ハードウェアとソフトウェアとアルゴリズム関連論文
Topic
花粉症の多様な症状の層別化~ 患者・市民参画を取り入れたスマホアプリを
  用いたクラウド型大規模横断観察研究~ 猪俣 武範
総説:Mast cell activation syndrome の概念の拡がり 福永  淳
連載
アレルギー診療をこれから始める③ 
 アレルギー性鼻炎鼻炎診療の現状と展望 松根 彰志
シリーズIgE ③ 
 抗IgE 抗体のメカニズム 後編) 安藤 智暁
分子標的治療薬の新しい展開
 アトピー性皮膚炎における,デュピルマブ治療 佐藤 伸一
化学物質過敏症とアレルギー疾患との鑑別 
 アレルギー性疾患と鑑別を要する多種化学物質過敏症 渡井 健太郎
コロナ禍におけるオンライン診療③ 
 オンライン診療の現状と今後の可能性 小林 大樹
ご注文方法