生物学的製剤適正使用ガイド 病態理解に沿った治療選択

新刊

疾患,概念,疫学,診断,診療ガイドラインと生物学的製剤を関連づけて,多様な分野のエキスパートがわかりやすく解説

内容紹介
目次
抗体製剤を中心とする生物学的製剤は,その標的特異性による高い有効性と安全性により,多くの免疫介在性疾患の治療の中心となっている。特に各生物学的製剤の疾患ごとの臨床試験における有効性は,病態に関与する経路の最終的なエビデンスとして,病態解明にも重要である。従来,日本では基礎免疫学研究が盛んであったが,免疫異常による疾患を研究する臨床免疫学も,多くの日本発のエピデンスが生まれる領域に進展している。 生物学的製剤の興味深い点は,異なる領域の多様な臓器に関連する疾患に,同じ製剤が有効性を発揮する点である。特にTNF 阻害薬は,関節リウマチ,脊椎関節炎,乾癬,炎症性腸疾患,ベーチェット病など様々な疾患において高い有効性を発揮する。実際に臨床研究では,脊椎関節炎,乾癬,炎症性腸疾患を同時に合併する症例が一定数存在することも明らかとなり,異なる臓器炎症に密接な関連があることが示された。このような事実から,特定の領域だけでなく,免疫介在性疾患全体における生物学的製剤の有効性を俯瞰することで,個々の疾患の理解がより深まることが期待される。 本書では,免疫介在性疾患を俯瞰する意味を込めて,リウマチ・膠原病内科,消化器内科,呼吸器内科,整形外科,皮膚科など,生物学的製剤を活用している様々な分野のエキスパートに解説をお願いした。いずれの疾患も,概念,疫学,診断,診療ガイドラインが主要な生物学的製剤と関連づけられつつ,大変わかりやすく解説されている。
序 …………………………………(藤尾 圭志)
編者・執筆者一覧
Ⅰ 総 論
関節リウマチ……………………(藤尾 圭志) 10
全身性エリテマトーデス
 ……………………(中山田真吾・田中 良哉) 15
脊椎関節炎……………(冨田 哲也・辻  成佳) 21
尋常性乾癬………………………(藤本  学) 37
クローン病および潰瘍性大腸炎
…………………………………(久松 理一) 42
気管支喘息………………………(山口 正雄) 53
Ⅱ 製剤別分類
1.TNF阻害薬
関節リウマチ……………………(庄田 宏文) 60
脊椎関節炎(強直性脊椎炎,乾癬性関節炎)
 …………………………………(門野 夕峰) 67
尋常性乾癬………………………(浅野 善英) 74
ベーチェット病 ………………(岳野 光洋) 83
クローン病および潰瘍性大腸炎
…(市川 将隆・三上 洋平・中本 伸宏・金井 隆典) 92
ぶどう膜炎………………………(蕪城 俊克) 102
2.IL-6受容体阻害薬
関節リウマチ……………………(亀田 秀人) 109
全身型若年性特発性関節炎,成人スチル病
 …………………………………(金子 祐子) 114
キャッスルマン病
 …………(住吉 玲美・古賀 智裕・川上  純) 119
高安動脈炎,巨細胞性動脈炎…(中岡 良和) 125
3.IL-17阻害薬
脊椎関節炎(強直性脊椎炎,乾癬性関節炎)
 …………………………………(田村 直人) 133
尋常性乾癬………………………(多田 弥生) 139
4.IL-12/IL-23阻害薬
尋常性乾癬……………………(大久保ゆかり) 146
乾癬性関節炎……………………(岸本 暢將) 154
クローン病
……………(村手健太郎・中村 正直・藤城 光弘) 158
5.T細胞共刺激分子阻害薬
関節リウマチ……………………(松本  功) 166
6.B細胞阻害薬
ANCA関連血管炎……………(駒形 嘉紀) 170
難治性ネフローゼ症候群………(張田  豊) 177
特発性血小板減少性紫斑病
 ………………………(伊藤 祥子・神田 善伸) 184
全身性エリテマトーデス
 (べリムマブとリツキシマブ)
 …………………………………(保田 晋助) 189
7.IL-1β阻害薬
全身型若年性特発性関節炎……(森  雅亮) 195
周期性発熱症候群………………(井田 弘明) 204
8.IgE阻害薬
気管支喘息………………………(黨  康夫) 213
アレルギー性鼻炎(スギ花粉症)
 …………………………………(藤枝 重治) 220
慢性蕁麻疹……………(岸本  泉・神戸 直智) 228
9.IL-5阻害薬
気管支喘息………………………(廣瀬 晃一) 235
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
 …………………………………(駒井 俊彦) 242
10.IL-4/IL-13阻害薬
アトピー性皮膚炎……(中溝  聡・椛島 健治) 250
気管支喘息………………………(中込 一之) 257
11.生物学的製剤の安全性
生物学的製剤投与前のスクリーニングと処置
 ………………………(中野 和久・田中 良哉) 263
索引 ……………………………………………… 271
ご注文方法